**sur un nuage


大人の恋愛

そんな風に
割り切ってるつもりだった

何も手につかないくらい
溺れることも
貴方のために
泣くこともあり得ない
そのハズだった


それなのに
止めどなく溢れて
止まらない
この涙は一体なんだろう

つまりは、そういうこと

結局、私は貴方に恋をしてた

会う必要なんてない
その言葉の裏に
すでに麻痺した
寂しさを隠してた

貴方のこと
考えないように努めながら
結局、いつも
あなたのこと想ってた


あぁ、
だけどもう遅い

そんな事をすんなり
理解できるほどには
私はもう、大人なんだ


**menu




ブックマーク|教える
訪問者10254人目

ブログネタは鮮度が大切!



©フォレストページ