L×月(短編集2)

□やきもち
1ページ/2ページ

今日も捜査本部は進展もしないまま、のんびりした空気が流れている。


僕は気になる資料があったので、目の前の竜崎に持って行った。


すると松田さんが、


『どうしたの?なんか気になる記事あった?』


と、近づいてきた。


松田さんは、僕のライバルなんだ。


竜崎のことが好きみたい。

年上の大人の雰囲気に負けないように、僕だって年下の可愛い雰囲気で対抗している。



絶対、負けられない。



『うわっ…。』



松田さんは、何もない所でいきなりつまずいて、竜崎に倒れかかった。



もしかして作戦??



松田さんが竜崎に抱きつくなんで、絶対ヤダ…


僕は竜崎の前に立って、松田さんが倒れてくるのを阻止しようとした。



『えっ?ちょっと…』



ドサッと大きな音がした。

思いの外、松田さんが倒れかかってくる力が強くて、
僕は床に押し倒されてしまった。



竜崎に抱きつかれるのは防げたけど、松田さんに馬乗りになられてるのも、なんだか嫌だった。



竜崎は、何も言わず黙々とお菓子を食べてる。



『うっ、うっ。』


悲しくなって、涙が出てきた。


松田さんなんかと、密着してる所を竜崎に見られた。

でも、あのままだったら竜崎と松田さんが、くっついてる所だし。。。


どうしようもないけど、松田さんがコケるのが悪いんだもん。



『大丈夫?どこが痛いの?』



松田さんは、オロオロすると心配そうに聞いてきた。


『松田、その前に月くんの上から退きなさい。』


竜崎が、怒った声で松田さんを睨んだ。



『月くん、ごめんね。』



松田さんは起き上がると、僕を起こそうと手を伸ばした。



松田さんの手なんか握りたくない。


僕は、松田さんの手を無視して自分で立ち上がろうと、体を起こした。



『うっ…うっ、んくっ。』


別に何処も痛くないけど、涙がポロポロ出てきた。



松田さんは、僕が怪我をしたと思い、すまなそうに立ちすくんでいた。



『足ネンザしてますね。手当てしますから、寝室に来て下さい。』



竜崎は、寝室に向かって歩き出したので、僕も後をついて歩いた。



つづく


松田は竜崎の事は、好きではありません。
むしろ、嫌いです(笑)
月の勘違いですが、勝手にライバルだと思ってます(笑)
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ