L×月(短編集2)

□仲直り
1ページ/2ページ

竜崎が真剣にパソコンと通信してるので、僕は後ろから『わっ。』と、驚かした。



『うわぁ〜〜。。』



竜崎は大きな雄叫びをあげると、椅子からゴトンと落ちた。



『あははは…竜崎面白すぎるっ。』



僕は、大笑いをした。



地面に、転がったまま竜崎は僕を睨んだ。



でもその姿がまた面白くて、僕はクスクス笑った。



竜崎はゆっくり起き上がると、



『月くん、謝りなさい。』


と、睨んできた。



『やーだよ。ベーだ。』



僕が、あっかんべーをすると、益々竜崎の顔が険しくなった。



『謝りなさいと言っているでしょう。』



竜崎は僕の手首をギュッと握った。



『痛ッ。やめっ…』



竜崎はギリギリと僕の腕を握ってくる。



『早く謝りなさい。』



竜崎は手の力を抜かない所か、キツく握る一方だ。



『ンッ…痛いよっ…』



ジワッと目頭が熱くなって、僕の瞳から涙が零れた。


頬を伝い、ポタポタと床を濡らした。



『うっ、うっ。ごめ…んなさ…いっ…』



僕が謝った途端に竜崎が手をパッと離した。



腕がドクドクと脈打って、真っ赤に腫れ上がった。



そんなに怒る事ないのに・・・



僕が悪いんだけど、無性に悲しくなって、涙がポロポロ溢れた。



すると、竜崎が僕をフワッと抱き締めた。



『痛かったでしょう。すいませんでした。』



竜崎は、僕の頬を優しく撫でて優しくキスしてくれた。



『僕…寂しかったんだもん。うっ、んくっ。
竜崎…朝から、仕事ばっかりするんだもん。』



僕が泣きながら言うと、



『すいません、寂しかったんですか?』



『うん…寂しかった…腕痛いよぉ…んっ、んっ。』



僕は、腕を押さえがら、シクシク泣いた。



竜崎は慌てたように、僕の頭を撫でると、



『すいません。キツく握りすぎました。』



竜崎は手首を頬擦りすると、優しくキスをした。



『仕事ばっかりしちゃヤダもん…』



ビックリさせて怒らせた事は悪かったけど、寂しかったのは本当だもん。。。



竜崎は、困ったように僕を抱き締め、



『とりあえず、腕を冷やしましょう。』



と、僕をキッチンに連れて行った。



つづく
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ