L×月(短編集2)

□悩み事
1ページ/7ページ

月くんが何か悩んでいるようです。。。



一緒にお風呂に入る時や、寝る前の着替えの時など。。。



何せ、二人で裸になると神妙な顔になるんです。



私は何かしてしまったんでしょうか・・・



今からお風呂に入る所ですが、月くんの顔は憂鬱そうです。



湯舟に浸かり、私に凭れてアヒルのオモチャで遊ぶ月くんは、心なしか元気がないです。



『なんだか元気がないですね。どうかしましたか?』


私が優しく後ろから抱き締めて尋ねると、月くんは小さくため息をついた。



『僕、病気かも知れない・・・』



『えー!!どっ、どうしたんですか?!』



私は慌て月くんを抱き上げ、体を自分の方に向ける。


『僕、竜崎と違うんだもん・・・』



『何がですか?どうしたんですか?』



私が、優しく抱き締めると月くんが泣き出した。



『僕のおちんちん、先っぽが隠れてるもん。竜崎のは隠れてない。』



『・・・』



何故、今更そんな事。。。


『月くんのだって、元気になれば先っぽから顔を出しますし、病気では無いですよ。』



私は、背中を撫でて落ち着かせる。



『松田さんが見てたエッチなビデオの男の人は、元気が無くても先っぽ出てたよ。』



『・・・』



松田のバカ!


捜査本部で何を見てるんですか!


そんな暇があるのなら、仕事してほしいものです・・・



しかも、それを月くんが見てしまうなんて!


『大きさは人それぞれなんです。月くんの、おちんちん私は好きですよ。』



『ホント??僕、病気じゃない?でも竜崎のおちんちんビデオの男の人より大きいよ。』



『・・・』



なんだか複雑な気分です。


AV男優と比べられるなんて・・・



しかし月くんに罪はありません。



松田をクビにしたいです・・・



『月くんは病気ではありませんよ。でも、月くんがエッチなビデオを覗き見するなんて、ショックです。』


私はしょんぼりした声を出した。



月くんは慌てたように手をバタバタさせると、



『ちょっとしか見てないよ!だって気持ち悪かったもん。僕は竜崎とのエッチが一番好きだもん!』



と、ギュッとしがみついてきた。



つづく


久しぶりにショタ風味月(笑)
でも大学生(笑)
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ