L×月(短編集2)

□誘拐
1ページ/4ページ

『月、ちょっと起きてくれるかな??』



ん??まだ僕眠たいのに、声がする。



???竜崎の声、いつもより少し低いような・・・



『僕、まだ眠たい…もん。』



僕は、目を擦ってギュッと抱きついた。



『おいおい、ちょっと可愛いすぎるよ…』



???



いつもの竜崎じゃない。



僕はゆっくり抱きついている人の顔を覗き込む。



『アイバーさん??』



僕の頭はまだ状況をはっきり掴めなくて、ビックリするよりも、きょとんと首を傾げた。



『そうだよ。ちょっと君を誘拐してみた。』



『ゆーかい??』



『Lと君が寝てる夜中に、こっそり君を拐ったんだ。』


徐々に、覚醒する頭…



『えー!どうしてそんな事??』



僕にはアイバーさんの行動の意味が分からない。


頭に???マークがいっぱい飛び交う。



『理由は単にしてみたかっただけだよ。』



『・・・』



アイバーさん凄いなぁ。


妙に感心してしまう。



『期限は今日の正午まで。それまでに月を見つけられたら、Lの勝ち。
見つけられなかったら、俺の勝ち。』



『・・・』



『Lが自分を助けに来てくれるか、知りたくない?』


『それは知りたいかも…』


『じゃあ、ゆっくりLが見つけ出してくれるまで待とう。』



アイバーさんは、ニッコリ笑った。



『・・・』



竜崎、助けに来てくれるかな??



でも、僕なんかが連れ拐われても竜崎知らんぷりかも・・・



『お腹すいてないかい?朝食にしよう。』



そういえば、僕はアイバーさんに抱きついたままだった。



『あっ。すいません!』



僕は慌ててアイバーさんから離れると、頬を赤くした。



抱きついたままだったなんて、なんだか恥ずかしい。


竜崎だと思い込んでいたから仕方ないけど、子供みたいと思われたかな・・・



辺りをぐるーっと見回すと、普通のワンルームのマンションみたいだった。



誘拐されたんだから、廃墟みたいな所を想像していたので意外だった。



『コーヒーはブラックで良かったかな?』



アイバーさんが戻ってきた。



つづく


竜崎は助けにくるのか…
世界のLなのに、月を誘拐されるなんて大失態です(笑)
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ