L×月(短編集2)

□エイプリルフール
1ページ/1ページ

今日はエイプリルフール。


竜崎は気づいてるかは、分からないけど…



『月くん、好きですよ。』

『いつも、可愛いですね。』



って、言ってくる。



褒めてくれるたびに、逆の事を言っていて、
ホントは可愛くないとか、キライだとか言ってるのかな。



頭の中は、竜崎の言葉がグルグル回って、複雑な気持ちだ。



『月くん、元気ないですね。どうかしましたか?』



不思議そうに、首を曲げて竜崎が聞いてきた。



『うん…。』



『可愛い顔が台無しです。よ』



竜崎が、ニッコリ笑った。


『・・・』



ほらまた。



でも、世界のLがエイプリルフールを忘れるとは思えない。



と言う事は、僕は可愛くなくて、キライだって言ってるんだ。



『竜崎、僕の事好き?』



『好きですよ。世界で一番好きです。』



『・・・』



僕の瞳から涙がこぼれた。


『僕は、竜崎の事大嫌いだからね。』



そう言うと、僕は竜崎に抱きついた。



『月くん…』



竜崎は優しく抱き締めてくれたけど、仕方なくなんだろうな。



竜崎はずっと無言で僕を抱き締めて、背中を撫でていた。



『私、月くんの事大嫌いです。』



『ホント?』



僕は、竜崎の胸から顔をあげた。



『今日はエイプリルフールだって事は、分かっていたんですが、
月くんの事をキライだなんて言いたく無かったんです。
次の日には理由を説明しようと思ってたんですが、月くんが泣いてしまったので焦りました。
不安な気持ちにさせてしまい、すいませんでした。』



竜崎は、僕に深いキスをした。



『ンッ、りゅう…アンッ。』



お互いの舌を絡めて、さっきの寂しかった気持ちを埋めるように、何度も口づけを交わした。



ゆっくり、口唇を離すころには、僕は完全に腰が抜けて、一人では立ってられなかった。



『月くんは、世界一可愛くて、世界一大好きです。』


竜崎は、時計をチラッ見たから、僕も時計に目をやる。



時計は零時一分を指していた。


『エイプリルフールは、終わりです。嘘は一切ありません。本当に大好きです。』



竜崎が、ニッコリ笑ったので、僕もつられて笑った。


『僕も大好きぃ〜。』



二人はもう一度、キスをした。



おしまい


元拍手文。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ