Dark of Alice

――悪意と血が街に流れる時、私は光を包む“闇”となる。


〜STORY〜

 悪と善意が入り乱れる街、ミストシティ<霧の街>には闇の処刑人が存在した。
 アリス、白ウサギ、チェシャ猫、イカレ帽子屋、眠りネズミ、浮かれウサギ、双子、ハートの女王――全員で九人の処刑人が今日も闇に紛れ殺戮を繰り返す。

 楽器は音を失い、花は色褪せ、愛は朽ち果て、やがてそれは大きな波紋を呼ぶ。
 それでも彼等は止まらない。止められない。止まる心算もない。

 狂気の果てに処刑人達が辿り着く先は――。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ