お題・英単語

□lonely-寂しい-
1ページ/1ページ


「ただいまぁ……」
 帰宅し、玄関の鍵を開ける。

 静かだ……。

 それは当たり前だ。
 だって家には誰もいないのだから。

 それでも『ただいま』と言うのは遠く離れた夫に告げるため。
 そう言うだけでも少しは気分も紛れる。

 東京と松島。
 遠距離別居婚だけど、毎日連絡は取り合っている。
 二年も離れていた末の結婚だから、多少距離があっても会えなくても自分たちの想いは揺るぎない。

 とは言っても寂しいものは寂しい。
 帰宅して部屋に明かりが点いていないだけで寂しくなる。

 独身の頃は全然平気だったのになあ……。

 遠く離れていているけど、たまにしか帰って来ないけど、それでもあの人がいるのが当たり前になっているのだ。

 会いたいなあ……。
 今週末には会えるけど、あと三日、耐えられるかなあ……。
 

「ただいまぁ……」
 翌日もいつも通りに、何の気なしに言う。
「あれ?」
 玄関に明かり。それに見覚えのある皮靴。
「おかえり」
「え?なんで?」
 リビングから夫が満面の笑みで出てきた。
「早くリカに会いたくて。な〜んて。急な出張でね」
 夫はいたずらな笑みを浮かべて言った。
「なんで言ってくれなかったのっ!?」
「驚かせたかったんだよ」
「……」
「あれ?怒った?」
 長身の彼は困ったように顔を覗き込んで言った。
「……怒るわけないじゃない……」
 そう言って玄関で靴も脱がずに夫の腰に抱きつく。
「寂しかったんだもん……」
 子供のように彼の胸に顔を埋めた。
「俺だって寂しかったよ」
 夫はそう微笑んで髪を撫でる。
「嬉しいサプライズです……」
「そう?それはよかった」
 夫は髪にキスをした。
「このまま週末までいられるの?」
「明日こっちで仕事でそのまま週末はいられるよ。こっちの出張、俺が来ることが増えそうなんだ」
「ホント!?」
 顔を上げて夫の顔を見る。夫は優しげに微笑んだ。
「室長もその方がいいだろって。他の人も出張あまり行きたがらないしね、丁度いいみたいだよ」
「嬉しい」
 再び夫の胸に顔を埋める。
「俺だって嬉しいよ」
 彼の優しい声が頭上で響く。
「生大祐さん。やっと会えた」
「生リカにやっとキスできる」
 夫の顔を見上げると、夫はそう言って二秒だけのキスを落とす。
「また二秒」
「基本です。でも回数は多いけどね」
「もう……」
 また夫のキスを受ける。

 寂しいけど、頑張れる。
 彼への気持ちと、彼の私への気持ちがある限り。

 大丈夫。


 end

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ