SSベジブル

□ラブラブ
1ページ/2ページ

「ねぇ?2人はラブラブ?」

C.Cにパンを連れて遊びに来ていた御飯とビーデル。

2人に、保育園年長さんになって益々ブルマに似てきたブラが聞く。

「う、うん。ブラちゃん、そんな言葉知ってるんだね。」

少し照れながら御飯が言う。





つい先日、父にも問いかけた。

「ママとパパはラブラブ?」

「…なんだソレは?」

「パパそんな事も知らないの?」

ブラはやれやれといった風に肩をすくめる。
保育園に行くようになってたくさんの言葉を覚えたブラ。
覚えた言葉はすぐに使う。

「ラブラブっていうのはね、"すごく仲良し"って事なの!わかった?」

腰に手を当て下から父親を覗く。
最近は仕草もブルマにそっくりだ。

「で、どうなの?」

「…知らん。ブルマに聞け。」


ブラの覚えてくる言葉は、自分の知らないものも多かった。
トランクスの時はどうだったか…
男と女の違いからなのか、関わり方の違いからか、ブラにはどうも困惑する事が多い。


その後、ブルマにも同じ質問をし、納得したように笑顔で帰って来ていた。


『ラブラブ=すごく仲良し、か。まったく、不必要な言葉は多すぎる…』
自分に知らない事があるのは気に食わない。
ベジータはまた一つ地球の言葉を覚えた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ