SSベジブル

□An Ideal Husband
〜理想の夫〜
1ページ/3ページ

カプセルコーポレーションで女3人お茶しながら理想の夫について語った日から3日目。

ブルマから呼び出しがあった。

カプセルコーポレーションについたチチと18号は、ブルマのラボに案内された。


「おまたせ。コレが例の薬よ。」

ブルマが差し出したのは小さな小瓶に入った、3色の液体。

「これが…」

チチと18号はまじまじと見てみるが、それはちょっと色づいているだけの液体だ。匂いもない。

「左がベジータでしょ。真ん中が孫くん。右がクリリンの。」

左から薄く、赤、黄、青の色が付いている。

ブルマの説明は、難しくて理解出来ない所もあったが、各個人のDNAから個性を強める薬を開発したらしい。
要はベジータのDNAから抽出した薬を飲めば『男らしさ』、悟空なら『優しさ』、クリリンなら『尽くす気持ち』を全面に出す仕様らしい。

「命に危険はないのかい?」

18号の問いにブルマはにっこり笑って答える。

「大丈夫よ。前に手に入れた媚薬が元だから、危ないモノじゃないわ。それに効果は3時間ってトコかしら。」

「そんなもんか。」

「まぁ、お試しだな。」


どれにする?

と言う言葉に2人はゴクッと喉を鳴らし、慎重に手に取った。



チチは青色の『尽くす気持ち』の瓶を。
「悟空さにいっぺん尽くされてみてぇと思ってただ。」


18号は赤色の『男らしさ』の瓶を。

「クリリンには引っ張って行く強さが必要だね。」


それを見て、ブルマは黄色の『優しさ』の瓶を取った。



「決まりね!!」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ