SSベジブル

□An Ideal Husband
〜理想の夫〜
1ページ/2ページ

ブルマのラボで渡された小瓶。

チチは水筒にそっと入れた。


「悟空さ、ホレ弁当と水筒だ。」

言って悟空に渡す。

「おぅ!サンキュー!」

悟空は言うが早いか家を出て行った。

遠くなる背中を見送りながら少々不安になるチチ。

「ホントに悟空さに効くのか…」

しかし期待もある。
いつも修行の事しか考えてない風の夫。
そういえば、デートなんて言うのはしたことがない。
昔悟空とカメハウスまで行った…のはデートにならないだろう。

普通に、オシャレなお店でご飯食べたり、景色を眺めたり、愛の言葉を囁かれたり…

やっぱり一度はしてみたい。


デートしようなんて言われたら、何の服を着よう?
そんな事ばかりが頭の中を駆け巡った。




ちょうど12時の鐘が鳴る頃。

お腹が空いた悟空は、弁当を食べられる適当な場所を探していた。


良さそうな木の下に老人が座っていた。
なんだか様子が変だ。

「どしたんだ?じっちゃん」

悟空は声をかける。

「…足をくじいたようでのぅ。」

いきなり現れた青年に驚きつつも老人は答えた。

「そっか、でぇじょうぶか?」

見ると足首が少し腫れている。
それより、顔色が悪い事に気がついた。

「じっちゃん、顔色わりぃぞ?なんかあったか?」

悟空は老人の前に屈む。

「いや…喉が乾いてのぅ。足が痛くて動けんし…」
「じゃあオラが水汲んで来てやるよ」と言いかけて気が付いた。
今日はチチが持たせてくれた水筒がある。
悟空は水筒を老人に差し出した。

老人は礼を言うとお茶をみんな飲んでしまった。
相当喉が乾いていたらしい。

「じっちゃん、家近くか?オラ連れて行ってやるよ。」

その時、悟空の腹が鳴った。

「…っとと。その前に飯食っていいかな?」

悟空の笑顔に老人もつられて笑い、「もちろん」と答えた。


「お前さん、結婚しとるのか?」

「おぅ。子供も二人いっぞ。」

悟空の食べっぷりに圧倒されながら老人は言った。

「そうか。ワシは妻を亡くしてな。生きとる間にもっと色々してやれば良かったと思ってなぁ…」

「そっか…」

「せめてばぁさんが好きじゃった花を供えてやろうと出掛けたら、この有り様じゃ。」

「よっし!じゃあ、花摘みに行くか!」

ものすごいスピードで弁当を平らげた悟空はニカッと笑って老人をおんぶした。



その場所は、道から少し離れた小さな湖のほとりにあった。


「へぇ!綺麗なもんだな。」

湖と花と山と空。
情緒をあまり理解出来ない悟空でも、その場所は美しいと感じた。


「昔ここでばあさんに愛の告白をしてな。ばあさん泣いて喜んでたなぁ。」

老人は言いながら花を少し摘んだ。

「そっか…女はなんだって花が好きなんだろぉな。オラわかんねぇ。」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ