SSベジブル

□An Ideal Husband
〜理想の夫〜
1ページ/2ページ

チチ達が帰った後、ブルマはペットボトルを持って重力室へ向かった。
飲み物の中身は栄養ドリンク。
普段なら水を用意するが、今日は黄色の液体を入れなければならない。バレないように同じ色の物を用意した。


「あらベジータ!ちょうど良かった。新しい栄養ドリンク飲んでみる?」

『ちょっと無理があったかな…』
ベジータの鋭い視線に不安を覚えつつ、手渡した。

「…フン」

ベジータは受け取ると手の中で潰す。

「あぁっ!」

最近ソワソワしていたブルマに対して、警戒態勢にいたベジータは、ブルマから渡される物を疑ってかかっていた。

以前にも一服盛られた事がある…。
命に関わるものではないにせよ、気分の良いものではない。

「…何度も同じ手を食うか。」

一瞥し、去っていくベジータにガックリと肩を落とすブルマ。


『くっそ〜!なんか考えてやる』

ブルマは早速ラボに向かった。





翌日、ベジータが朝食を取っていると、ブルマが遅れて現れた。

「おはよ〜」

目をこすりながらキッチンへ向かう。


食事を終えたベジータがダイニングを出ようとすると、ブルマが後ろから声をかける。


「あ。ベジータ。イチゴ食べる?」

カゴ一杯のイチゴの中から、一際大きいイチゴを取ると口に入れた。

途端、ベジータの表情が一変する。


「貴様!」

苦しそうに膝をつく。


「オホホホホ!」

ブルマはベジータの前に仁王立ちになると、高笑いをして苦しそうな夫を見下した。


「油断したわねベジータ!」

「貴様っ…何を企んでやがる!」

苦しむベジータに至極嬉しそうなブルマ。
「ついに勝ったわ!」とまで口走る。


「大丈夫よ。命に別状はないから。ちょっと孫君みたいになって貰おうと思ってね!」

「…カカロットみたいにだとっ!?」

ベジータはまだ苦しそうだ。

「そうよ!ホントはクリリンみたいに尽くして貰いたかったんだけどね!それはチチさんが選んじゃったから、とりあえず全データ欲しいし。アンタには孫君みたいに"優しく"なって貰うわ!」



「…ほぉ?」

ベジータは言うと、オーッホッホと高笑いを続けるブルマの足首を掴む。

「へっ!?」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ