SSベジブル

□王子的教育論
1ページ/1ページ

久しぶりにC.Cに帰ると赤ん坊がいた。


あれだ…


…俺の…ガキだ。


あの女、本当に産みやがった。
女はトランクスと名付けられたそのガキを抱いて近付いて来た。

「はぁい、トランクス。パパでちゅよ〜」

トランクスは俺をジッと見ている。
成る程、戦闘力はそこそこだ。
サイヤ人と地球人とは相性が良いのか、混血は高い戦闘力を持つらしい。
…カカロットのガキのように。

「あ…あ…」

トランクスが手を伸ばして触れようとしてきた。

「チッ…」

俺は舌打ちをしてそれを避け、バスルームへ向かった。


「冷たいパパでちゅね〜。ベジータ、私にはいいけど、この子には優しくしてあげてよね。」

背後から女の声が聞こえる。


シャワーを終え、自室へ向かうと、ガキがベッドに寝かされていた。

…なにが優しくだ。

ガキは眠りから覚めて、俺を見つめる。

強い目だ。
きっと強くなる。


俺は父王の言葉を思い出した。


優しく、だと?知るかそんなもの。

俺は腕組みをし、トランクスを睨む。

「いいかトランクス。お前はこの俺の…惑星ベジータの王子である、俺の子だ。お前は強くならなければいけない。間違ってもカカロットの息子になんぞ負ける事があってはならん。分かったな!」


トランクスは負けじと睨み返してくる。

良い目だ。

ニヤリと口元をあげる。


「そんな事言ったってまだ分かんないわよ?言葉もわかんないし。」

突然声がして、女が入って来た。

俺は慌てて背を向けた。

…何を慌てる必要がある…

そう思った時、女の声がした。

「トランクス〜あれがパパの精一杯の優しさよ〜。わかりにくいわよねぇ〜。」

女の言葉に舌打ちし、部屋を後にした。


ガキ等知らん。
戦闘力が高ければ強い戦士になり、弱ければ辺境の星に送られる。
この生ぬるい環境の中で強くなるとは思えんが、弱ければ死ぬだけ。
それだけだ。


ガキの目の色を思い出した。
サイヤ人は黒だ。
アイツは…紫。
母親があの女なら対して期待も出来んな。


ふとガキの事ばかり考えている事に気付いた。
イライラする。
知るか。


そう、俺には関係ない。


俺には。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ