† NOVEL †

部屋の片隅で鳴り続けるオルゴール

誰がネジを回したかは知らないけれど

哀しい音色が遠い記憶を思い出させるから

もう行かなければならないんだって

気がついた……




          ――誰かの手記

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ