† 気まぐれ文庫 †

藍色の記憶と

赤銅色の鍵

どこかに置いてきてしまった、

大切なものを

僕は全部思い出せるだろうか……







          ――ある手記、その冒頭

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ