【 私の宝物 】



ソレは光り輝き、まるで宝石のようである。

宝石のようであって、そう―…宝石以上に美しい想いが、絶えず駆け巡っている。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ